- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける商標権に基づく権利行使の留意点

2016年06月10日

  • アジア
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
マレーシアにおいて、商標権侵害に対しては、民事訴訟、または刑事訴訟を通して権利行使することができる。さらに商標権に基づく権利行使をサポートする行政手続も存在する。民事訴訟を提起した場合、侵害品販売の差止命令や、侵害品の引き渡し、廃棄、損害賠償の請求などができる。刑事訴訟を行う場合、侵害者に対して罰金や禁固等の刑罰が下される。行政手続として、税関にて商標権侵害品を押収、留置、もしくは輸入に対する異議を税関に申請できる。

本稿では、マレーシアにおける商標権に基づく権利行使の留意点について、Wong & Partnersの弁護士Kherk Ying Chew氏、アソシエートWai Teng Woo氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Wong & Partners パートナー弁護士 Kherk Ying Chew
Wong & Partners アソシエート Wai Teng Woo
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.06
■関連キーワード
4000   4100   4300   4400   IP高等裁判所   MY-dm-4000   MY-dm-4001   MY-dm-4110   MY-dm-4300   MY-dm-4320   MY-dm-4330   MY-dm-4400   MY-dm-9999   MY-lm-9999   MY:マレーシア   アントンピラー命令   バスケット・オブ・ブランズ   不当利得   中間的差止命令   侵害の証拠   刑事訴訟   取引表示命令   取引表示法   国内取引・協同組合・消費者省   宣誓確認書   廃棄   引渡し   拘禁   損害賠償   暫定的差止命令   権利行使   民事訴訟   水際取締り   法廷侮辱罪   税関   終局的差止命令   罰金   虚偽取引表示   行政手続   訴訟費用非  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.