- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

オーストラリアにおける商標権に基づく権利行使の留意点

2016年06月01日

  • オセアニア
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
オーストラリアにおいて商標権に基づく権利行使を行う場合、商標権者は登録商標の有効性、警告書の送付、侵害商標の証拠資料などの様々な点について注意が必要ある。

本稿では、オーストラリアにおける商標権に基づく権利行使の留意点について、Spruson & Ferguson lawyer Pty Limitedの弁護士Khajaque Kortian氏、Jacqueline Chelebian氏が解説している。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spruson & Ferguson Lawyer Pty Limited 弁護士 Khajaque Kortian
Spruson & Ferguson Lawyer Pty Limited 弁護士 Jacqueline Chelebian
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2015.12.09
■関連キーワード
AU-dm-2340   AU-dm-2440   AU-dm-4000   AU-dm-4110   AU-dm-4300   AU-dm-4320   AU:オーストラリア   停止要求書   周知商標   善意の商標の使用   実務者向け   損害賠償   未登録商標   権利行使   直接侵害   証拠   警告状   間接侵害   類否判断  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.