- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドネシアにおける商標ライセンス契約の留意点

2016年05月13日

  • アジア
  • 法令等
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
インドネシアにおける商標のライセンスは、現時点では、商標法においてのみ包括的に定められているが、商標ライセンスの設定登録の要件および手続を定める施行規則は、まだ公布されておらず、施行規則がいつ公布されるか不明である。したがって、知的財産権総局は、現在、ライセンス契約の設定登録申請を受け付けていない。ただし、実務上、知的財産権総局に対するライセンス契約の届出は受理されている。

本稿では、インドネシアにおける商標ライセンス契約の留意点について、Hadiputranto, Hadinoto & Partnersの弁護士Daru Lukiantono氏、同Primastuti Purnamasari氏が解説している。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Hadiputranto, Hadinoto & Partners
 弁護士 Daru Lukiantono
 弁護士 Primastuti Purnamasari
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.01.18
■関連キーワード
2300   5100   ID-dm-2340   ID-dm-5100   ID:インドネシア   インドネシア語   サブライセンス   ライセンサー   ライセンシー   ライセンス   ライセンス契約   先願主義   効力発生要件   商標権侵害   実務者向け   施行規則   未登録商標   登録原簿   設定登録  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.