- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ロシアとユーラシアにおける医薬特許出願実務の相違点【その2】

2016年04月20日

  • 欧州
  • 法令等
  • 出願実務
  • 制度動向
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
医薬発明に関し、ロシアおよびユーラシアの特許制度は非常に類似しているが、医薬用途をサポートするデータの評価や、特許の保護を受けることができるクレーム形式などにおいていくつかの相違点がある。

本稿では、ロシアとユーラシアにおける医薬特許出願実務の相違点について、Gorodissky & Partnersの特許弁理士Elena Nazina氏が全2回シリーズにて解説しており、本稿は、【その2】である。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Gorodissky & Partners ロシア特許弁理士/ユーラシア特許弁理士 Elena Nazina
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.2.10
■関連キーワード
2001   2450   2800   EURASIA   RU-am-2450   RU-am-2453   RU-am-2454   RU-am-2800   RU-am2001   RU:ロシア   バイオテクノロジー   ユーラシア   ユーラシア特許制度   ロシア特許制度   ロシア連邦   医薬特許   実務者向け   特許期間延長   第二医薬用途   補正   選択発明  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.