- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

トルコでの商標出願の拒絶理由通知への対応策

2016年04月27日

  • 中東
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
トルコ特許庁(Turkish Patent Institute;TPI)では、商標出願の審査として、まず出願書類や指定商品または指定役務の分類および記述に関する方式審査を行う。方式審査の後は、絶対的拒絶理由および相対的拒絶理由に関して実体審査が行われる。トルコでは、審判請求に特徴があり、審判部は審判請求理由が不当であると判断した場合は、TPIの再審査評価委員会に審判部の所見は付されずに移送され、審判部が下した審判請求理由が不当であるという判断が正しいかどうかが再度審理される。

本稿では、トルコでの商標出願の拒絶理由通知への対応策について、CENGIZ & CAMER IP LAW FIRMの弁護士Isilay Simsek Cengiz氏が解説している。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
CENGIZ & CAMER IP LAW FIRM、弁護士 Isilay Simsek Cengiz
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2015.12.09
■関連キーワード
実務者向け   アサイン・バック   使用実績   審判部   TR-dm-3200   TR-dm-2800   TR-dm-2700   憲法裁判所   TR-dm-2340   補正指令   TR:トルコ   再審査評価委員会   ニース国際分類   審判請求   相対的拒絶理由   絶対的拒絶理由   同意書   補正   拒絶査定   拒絶査定不服審判   異議申立   実体審査   周知商標   識別力   譲渡   方式審査   意見書  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.