- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

アンデス共同体における遺伝資源の出所開示の制度・運用・実施状況

2016年03月01日

  • 中南米
  • 法令等
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
「知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書」(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)第Ⅳ部4.1では、アンデス共同体における遺伝資源の出所開示について、出所開示要件に関連する条文や定義、開示要件の内容、開示義務違反に対する措置や罰則、アクセス承認手続き、アクセス承認機関等が条文を交えて紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)第Ⅳ部4.1

 

(目次)

第Ⅳ部 各国の出所開示の制度・運用・実施状況

 4.1 アンデス共同体 P.35

第Ⅶ部 添付資料

 7.2 出所開示要件の制度・運用・実施状況概括表 P.248

■ソース
知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/e3196fb661be4e423df6e97d3d5b1611.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.02.05
■関連キーワード
ANDES   CAN-am-2200   CAN-am-9999   CAN-lm-9999   アクセス   アクセス承認機関   アンデス共同体   アンデス協定   カルタヘナ協定   出所開示制度   出所開示要件   利益配分   実務者向け   特許無効   遺伝資源   遺伝資源へのアクセス契約書   開示義務違反   開示要件  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.