国別・地域別情報

アジア / 法令等 | 出願実務 | 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用 | その他参考情報


中国改正商標法について留意すべき点

2016年02月02日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
「中国・改正商標法マニュアル」(2015年3月、日本貿易振興機構 進出企業支援・知的財産部 知的財産課)四では、中国における第三次商標法改正による変化に伴う留意すべき点について、具体的には、音声商標の導入や商標登録更新期間の変更、商標権譲渡手続きの変化等の申請案件の変化に伴う留意点、審査・審理期限の明文化や未登録商標に対する保護の強化、懲罰的賠償制度の導入等の商標権利保護に関する変化に伴う留意点等について紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 中国・改正商標法マニュアル(2015年3月、日本貿易振興機構 進出企業支援・知的財産部 知的財産課)四

 

(目次)

四 日本ユーザーが留意すべき点 P.81

 1 商標出願、更新等の申請案件の変化 P.81

  (1) 音声商標の導入 P.81

  (2) 「一出願多区分」制度の導入 P.82

  (3) 商標登録更新期間の変更 P.82

  (4) 商標権譲渡手続きの変化 P.82

  (5) 商標使用許諾届出の変化 P.83

 2 商標権利保護に関する変化 P.83

  (1) 審査・審理期限の明文化 P.83

  (2) 異議申立プロセス及びその後続救済手段の変化 P.83

  (3) 冒認出願対策の強化 P.84

  (4) 未登録商標に対する保護の強化 P.84

  (5) 登録商標の使用義務の強化 P.85

  (6) 懲罰的賠償制度の導入 P.85

  (7) 「馳名商標」表示の広告宣伝における使用の禁止 P.85

■ソース
中国・改正商標法マニュアル(2015年3月、日本貿易振興機構 進出企業支援・知的財産部 知的財産課)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2015/11/40b79316636ca50db8943c7e04802a7b.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2015.10.23

■関連キーワード