- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における詐称通用に関する法律規定

2015年10月27日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
中国において詐称通用に適用される法律としては、商標法、不正競争防止法および消費者権益保護法が挙げられる。商標権者の同意を得ることなく、商標権者が商品に付した登録商標を他人が抹消または変更し、その商品を流通販売する行為は、商標権者の権利を侵害する行為であり、また、特に周知商品に対する当該行為は、消費者の誤解を招き消費者の利益を損ねる行為であるため、不正競争防止法や消費者権益保護法に違反する行為と見なされる。

本稿では、中国における詐称通用に関する法律規定について、天達共和法律事務所 弁護士 陳茜氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
天達共和法律事務所 弁護士 陳茜
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.02
■関連キーワード
4300   CN-dm-4300   CN-dm-9999   CN-em-4300   CN-em-9999   CN-lm-4300   CN-lm-9999   CN:中国   ノーブランド   パッシング・オフ   不正競争防止法   中華人民共和国   侵害   周知商品   商標   実務者向け   専門家   消費者権益保護法   詐称通用  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.