- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国において特許権侵害を主張された場合の対応と抗弁

2015年07月28日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 特許・実用新案
  • 意匠

印刷する

■概要
中国において、特許権侵害を主張された場合、その対応として考えられることは、相手方が主張する特許権の確認、管轄権や訴訟事項など訴訟手続上の問題の確認、相手方の特許権の保護範囲に入るか否かの確認、権利非侵害の確認を求めるための反訴、自己と相手方の特許と製品の徹底調査、相手方との交渉の検討等が考えられる。また訴訟における具体的抗弁としては、状況に応じて、法定免責事由による抗弁、特許の保護範囲外であるとの抗弁、公知技術の抗弁、禁反言の抗弁、特許無効の抗弁、出所の合法性の抗弁等が考えられる。

本稿では、中国において特許権侵害を主張された場合の対応と抗弁について、天達共和法律事務所 弁護士・弁理士 龚建華氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
天達共和法律事務所 弁護士・弁理士 龔 建華
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.03.20
■関連キーワード
4300   CB-cm-4300   CN-am-4300   CN-am-9999   CN-bm-4300   CN-bm-9999   CN-cm-9999   CN:中国   中華人民共和国   交渉   侵害   保護範囲   公知技術   出所の合法性   実用新案   専利   専門家   意匠   抗弁   提訴事項   法定免責事由   無効宣告   特許   特許無効   禁反言   管轄権   訴訟事項  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.