- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における商標冒認出願対策

2015年04月28日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
中国では、「先願主義」を利用して、他人の商標を冒認出願することにより、不当な経済的利益を得ようとする者が後を絶たない。商標冒認出願への対策としては、(1)不使用取消請求、(2)無効宣告請求、(3)初期査定公告後の異議申立、(4)交渉による商標権の購入が考えられる。ただし、交渉により商標権を購入する場合であっても、不使用取消請求、無効宣告請求または異議申立を同時に行い、相手方に圧力をかけ、交渉において不利な立場に置かれないよう努めることが望ましい。

本稿では、中国における商標冒認出願対策について、天達共和法律事務所 弁護士・弁理士 龚建華氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください

■本文書の作成者
天達共和法律事務所 弁護士 龚建華
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.03.20
■関連キーワード
2001   3300   3400   CN-dm-2g00   CN-dm-3300   CN-dm-3400   CN:中国   不使用取消請求   中華人民共和国   交渉   使用証拠   出願主義   初期査定公告   商標冒認出願   商標評価審査委員会   実務者向け   専門家   無効宣告請求   異議申立   識別機能  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.