- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

香港における並行輸入と知的財産権の問題

2015年10月06日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
香港における並行輸入と知的財産権の問題を概観する。著作権の場合、並行輸入は一定の条件を満たさない限り、著作権侵害となる。著作権侵害となる並行輸入を行った者は、香港著作権条例に基づき、民事責任を問われるほか、刑事罰として罰金および懲役が科される。著作権侵害のほか、商標権侵害、詐称通用、虚偽製品表示や安全基準違反、ライセンス契約違反が問題となる場合もある。

本稿では、香港における並行輸入と知的財産権の問題について、Vivien Chan & Co.のシニア・パートナーであるVivien Chan弁護士が解説している。

■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Vivien Chan & Co. シニア・パートナー 弁護士 Vivien Chan
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.23
■関連キーワード
民事的救済   4300   HK:香港   ライセンス契約違反   安全基準   刑事的救済   付帯的作品   侵害複製物   懲役   専門家   HK-lm-4300   HK-fm-4300   HK-dm-4300   実務者向け   著作権侵害   虚偽表示   罰金   差止   詐称通用   並行輸入   商標権侵害   専用実施権   損害賠償   抗弁  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.