- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける商標権侵害対策【その1】

2015年06月02日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
タイにおいては、登録商標と未登録商標を法の下に保護している。登録商標は、商標法BE 2534(1991)により保護される。未登録商標は、刑法第272~275条ならびに商標法BE 2534(1991)第46条第2項により保護される。これらの法律は、登録商標の所有者が、侵害を停止させ、損害の補償を求めるための法的措置をとることを認めている。上記の法律以外にも、商標権者は自らの権利を行使するために民法および商法、消費者保護法、薬事法、工業製品規格法その他の関連法規を利用することができる。

本稿では、タイにおける商標権侵害対策について、Satyapon & Partners Ltd. Satyapon Sachdecha氏, Sukhprem Sachdecha氏が全2回のシリーズにて解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Satyapon & Partners Ltd. 弁護士・弁理士 Satyapon Sachdecha
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.25
■関連キーワード
4300   4400   TH-dm-4300   TH-dm-4400   TH-dm-9999   TH-lm-4300   TH-lm-9999   TH:タイ   アントン・ピラー命令   サイバー犯罪法   パッシングオフ   中央知的財産および国際取引裁判所   侵害   刑事訴訟   刑事訴追   委任状   専門家   懲役   捜査押収   損害賠償   暫定的処分   未登録商標   永久的差止命令   登録商標   罰金   詐称通用   警告状  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.