- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける商標権に基づく権利行使【その2】

2015年06月09日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 商標

印刷する

■概要
商標権者は自己の登録商標に基づき、侵害者を相手取り侵害訴訟を提起することができる。侵害訴訟において既存の商標登録を根拠とする場合、商標権者は不使用取消のリスクを回避するため、シンガポールにおいて自己の商標が真正に使用されていることを確認する必要がある。

本稿では、シンガポールにおける商標権に基づく権利行使について、Drew & Napier LLC 弁護士 Lim Siau Wen氏が全2回のシリーズにて解説しており、本稿は【その2】続編である。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください

■本文書の作成者
Drew & Napier LLC 弁護士 Lim Siau Wen
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.03.20
■関連キーワード
4300   8300   SG-dm-4300   SG-dm-8300   SG:シンガポール   サービス   不使用取消   使用   同一性   商品   商標権侵害   外観類似   実務者向け   専門家   権利行使   混同   称呼類似   観念類似   類似  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.