国別・地域別情報

アジア / 審判・訴訟実務 | その他参考情報


韓国における審判制度の現状と課題

2015年03月24日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
「日中韓における審判・裁判についての制度及び統計分析に関する調査研究報告書」(平成26年2月、日本国際知的財産保護協会)第4部4.3では、韓国における審判制度の現状と課題に関して、審判制度の概要が説明されるとともに、国内アンケート調査の結果を交えて、各種審判制度が抱える課題等が紹介されている。

■詳細及び留意点

日中韓における審判・裁判についての制度及び統計分析に関する調査研究報告書(平成26年2月、日本国際知的財産保護協会)第4部4.3

 

(目次)

第4部 対象国における審判制度の評価分析

 4.3 韓国における審判制度の現状と課題 P.183

第5部 資料編

 5.2 国内ヒアリング調査 P.246

 5.3 海外ヒアリング調査 P.258

■ソース
日中韓における審判・裁判についての制度及び統計分析に関する調査研究報告書(平成26年2月、日本国際知的財産保護協会)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2015/03/9bd99c6c40d5eb566a7bb4f2cf3c0b57.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.10.21

■関連キーワード