- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

フィリピンにおけるドメイン・ネーム制度

2014年12月12日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
「ASEAN におけるドメイン・ネーム制度に関する調査」(2013年4月、日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部)第8章では、フィリピンにおけるドメイン・ネーム制度について、ドメイン名登録制度、根拠法の有無、関連法規との関係、レジストリ、ドメイン名に関するポリシー、登録要件・手続、登録に要する費用、ドメイン名紛争処理手続等について、概要が説明されている。また、著名な外国企業によって申し立てられた注目すべき申立事例も紹介されている。
■詳細及び留意点

ASEAN におけるドメイン・ネーム制度に関する調査(2013年4月、日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部)第8章

(目次)

第8章 フィリピン P.44

 1 調査結果の概要 P.44

  (1) ドメイン名登録制度の概要 P.44

  (2) ドメイン名紛争処理手続についての調査概要 P.45

 2 根拠法 P.46

 3 関連法規との関係 P.46

 4 レジストリ P.46

 5 ポリシー P.47

 6 登録要件・手続等 P.47

 7 過去5年間の登録申請数及び登録数(もしあれば) P.47

 8 登録に要する平均の費用及び時間 P.47

 9 ドメイン名紛争処理手続 P.48

  (1) 不服申立手続紛争処理機関のリスト P.48

  (2) 紛争処理方針 P.48

  (3) 紛争処理パネルの指名手続 P.48

  (4) ドメイン名取消、移転等の救済手段の内容・要件等 P.49

  (5) 紛争処理決定機関の決定に対する不服申立手続(裁判所への出訴等) P.50

  (6) 過去5年間の紛争件数 P.50

  (7) 決定までの平均費用及び平均期間 P.50

  (8) 救済が認められた確率 P.51

  (9) 著名な外国企業によって申し立てられた注目すべき申立 P.51

■ソース
ASEAN におけるドメイン・ネーム制度に関する調査(2013年4月、日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/11/930262717462c9717c62b2755bfd4168.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2014.09.25
■関連キーワード
入門者向け   8300   4000   PH:フィリピン   悪意   PH-lq-8300   レジストリ   紛争処理   PH-dm-8300   PH-dm-9999   PH-lq-9999   移転   費用   ドメイン名   登録   取消  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.