国別・地域別情報

アジア / 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用


中国における商号の保護

2013年12月27日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 中国編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第7章第2節 では、中国における商号の保護に関し、企業名称の登記手続、企業名称と商標の抵触に係る紛争の救済手段及びその根拠規定等ついて説明されている。具体的な救済手段として、警告状の送付、工商行政管理局に対する商号の変更/抹消請求、不正競争又は商標権侵害に基づく民事訴訟の提起が説明されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)第7章第2章

 

(目次)

第7章 その他の主要トピック

第2節 商号の問題 p.233

 1. 商号の登記手続き p.233

 2. 商号に関する紛争 p.234

 3. 救済手段 p.234

 4. 香港商号について p.238

 

資料編 p.251

資料1. 模倣対策費用目安(料金表) p.251

■ソース
・模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/1b48f661f1dfa86022e02a8ee91555dd.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.12

■関連キーワード