国別・地域別情報

アジア / 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 | その他参考情報


中国における模倣品に対する刑事的対応

2013年12月24日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 中国編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第6章 では、中国における模倣品に対する刑事的対応について説明されている。具体的には、関連法令・統計・主管機関、商標/専利/著作権/商業秘密侵害の訴追基準及び刑事罰、知財権侵害に対してとり得る刑事的対応、刑事訴訟手続の流れ等について記載されている。また、刑事的対応において日本企業が留意すべき点や判例についても紹介されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)第6章

 

(目次)

第6章 模倣品の刑事対応 p.198

第1節 概要 p.198

 1. 関連法律 p.198

 2. 知財権刑事訴訟の現状 p.199

 3. 刑事案件の訴追基準 p.200

 4. 刑事罰の種類及び内容 p.211

 5. 主管機関 p.213

第2節. 刑事対応の取り得る方法 p.215

 1. 公安機関への告発 p.215

 2. 行政機関の移送 p.215

 3. 刑事自訴 p.216

第3節 留意点と実例 p.221

 1. 日本企業の注意点 p.221

 2. 関連刑事訴訟実例 p.221

 

資料編 p.251

資料1. 模倣対策費用目安(料金表) p.251

資料3. 主要法令集

    最高人民法院、最高人民検察院、

■ソース
・模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/1b48f661f1dfa86022e02a8ee91555dd.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.12

■関連キーワード