- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

台湾における第三者による商標権の侵害への対応

2018年11月15日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)第六章第一節、第二節、および、第四節では、第三者による商標権の侵害発見時に問題となる民事責任、刑事責任や水際保護措置について紹介している。また、第三節では、商標権の効力による拘束を受けない状況として、記述的合理使用、指示的合理使用、善意による先使用の三つを挙げている。
■詳細及び留意点

 「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)第六章

 

(目次)

第六章 第三者による商標権の侵害について P.146

 第一節 民事責任 P.147

 第二節 刑事責任 P.162

 第三節 商標権の拘束を受けない場合 P.164

 第四節 水際保護措置の効果 P.170

■ソース
「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2018/11/1eb075c66d4c098916ca3cb0aa768890.pdf
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2018.05.23
■関連キーワード
TW-dm-4300   TW:台湾   侵害   刑事責任   効力   商標   善意による先使用   実務者向け   指示的合理使用   民事責任   水際保護措置   記述的合理使用  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.