- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

台湾における第三者が所有する同一又は類似商標を発見した場合の対応

2018年11月13日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)第五章第一節から第六節では、第三者が所有する同一又は類似商標を発見した場合の対応方法として、「指定商品・役務の削除又は分割」、「取消審判」、「他社商標に対する異議申し立て」、「無効審判」、「権利者との交渉」、および、「第三者に先取り登録された商標の対応」について紹介している。
■詳細及び留意点

 「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)第五章

 

(目次)

第五章 第三者が所有する同一又は類似商標を発見した場合の対応 P.114

 第一節 指定商品・役務の削除又は分割 P.114

 第二節 取消審判 P.118

 第三節 他社商標に対する異議申し立て P.122

 第四節 無効審判 P.124

 第五節 権利者との交渉(同意書の発行、商標の譲渡) P.128

 第六節 第三者に先取り登録された商標の対応 P.131

 

 添付資料5 「商標並存同意書」書式 P.208

■ソース
「台湾模倣対策マニュアル(台湾における商標保護の戦略)」(2018年3月、日本台湾交流協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2018/11/1eb075c66d4c098916ca3cb0aa768890.pdf
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2018.05.23
■関連キーワード
TW-dm-2900   TW-dm-3300   TW-dm-3400   TW-dm-5100   TW:台湾   交渉   先取り登録   分割   削除   取消審判   同一商標   商標   実務者向け   役務   指定商品   無効審判   異議申し立て   異議申立て   類似商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.