- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

オーストラリアにおける営業秘密の保護

2016年06月23日

  • オセアニア
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • その他

印刷する

■概要
オーストラリアにおいては、コモンローおよび制定法によって営業秘密が保護されている。営業秘密の不正流用を立証するためには、営業秘密を構成する情報の特定や、秘密を維持するための措置などの要件を満たす必要がある。また、不正流用が生じた場合の立証の容易化のために、雇用契約、ライセンス契約、フランチャイズ契約など、相手方当事者に営業秘密が開示されるあらゆる契約において、情報の第三者への不開示義務を定めた規定を盛り込むなど、保護のための予防が重要である。

本稿では、オーストラリアにおける営業秘密の保護について、Davies Collison Caveの弁護士Chris Jordan氏とJessica Spountsis氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Davies Collison Cave(オーストラリア法律事務所) 
     パートナー弁護士 Chris Jordan
     弁護士 Jessica Spountsis
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.3.1
■関連キーワード
2001年会社法(連邦法)   AU-lm-4300   AU-lm-5000   AU-lm-5140   AU-lm8200   AU-lq-4300   AU-lq-5000   AU-lq-5140   AU-lq-8200   AU:オーストラリア   アントンピラー命令   コモンロー   仮差止命令   使用者   信認義務   判例法   制定法   営業秘密   契約債務   守秘義務   実務者向け   差押   従業者   救済   永久差止命令   濫用   特定履行   秘密情報   衡平法   開示   雇用   雇用契約  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.