- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

南アフリカにおける特許権の権利行使-基礎編【その2】

2016年06月16日

  • アフリカ
  • 審判・訴訟実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
南アフリカでは一般的に侵害訴訟は、特許局裁判所(Court of the Commissioner of Patents)の管轄であり、申立手続、訴訟手続、さらに緊急申立手続という複数の手続をとることができる。当事者は、最も効率的な手段で最善の結果を得るために、それぞれの状況に応じた最良の手続を選択することが重要である。

南アフリカで利用可能な権利行使手続の手法と救済について、Spoor & Fisher Consulting (Pty)Ltd.の弁護士Bryce Matthewson氏、Hugh Moubray氏が全2回シリーズで解説する。本稿は【その2】として、申立手続および緊急申立手続の概要、立証責任、救済などについて解説する。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spoor & Fisher Consulting (Pty)Ltd. 
     弁護士 Bryce Matthewson
     弁護士 Hugh Moubray
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2015.12.10
■関連キーワード
ZA-am-4000   ZA-am-4001   ZA-am-4320   ZA-am-4330   ZA-ln-4000   ZA-ln-4001   ZA-ln-4400   ZA:南アフリカ   上告   上訴   事実審理   原告適格   反対請求   召喚状   執行停止   大法廷   専用実施権者   差止命令   憲法裁判所   抗弁   抗弁意思   控訴   損害賠償   暫定差止命令   暫定救済   最高裁判所   権利行使   特任裁判官   特許局裁判所   特許権共有者   独占的通常実施権者   立証責任   答弁書   緊急申立   訴状   訴答   訴訟   訴訟手続   証拠   高等裁判所  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.