- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

南アフリカにおける異議申立、無効審判、情報提供

2016年05月12日

  • アフリカ
  • 審判・訴訟実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
南アフリカ共和国には、特許の有効性を争う手続きとして、特許取消の申請手続制度がある。特許取消の申請手続は、特許の特任裁判官によって審理される。特許取消の申請手続は、付与された特許に対して、何人も、いつでも行う事ができる。また、特許の侵害訴訟の被告は、侵害の訴えに対する反訴として特許取消を求めることができる。
南アフリカ共和国には、特許出願の認可に対する異議申立の制度、および、第三者情報提供の制度はない。
一方、失効した特許の回復に対する異議申立、および、付与された特許の補正に対する異議申立の制度がある。

本稿では、南アフリカ共和国における特許取消の手続に関して、Adams & Adams(南アフリカ法律事務所)弁護士 Charl Marais氏が解説している。
■詳細及び留意点

【詳細及び留意点】

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Adams & Adams(南アフリカ法律事務所) 弁護士 Charl Marais
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2015.12.1
■関連キーワード
ZA   ZA-am-2400   ZA-am-3300   ZA-am-3400   ZA-am-4000   ZA-am-4001   ZA:南アフリカ   侵害訴訟   反対陳述書   反訴   取消申請書   口頭審門   失効した特許   実務者向け   応答証拠宣誓供述書   情報提供   控訴   明細陳述書   無効化   無効審判   特任裁判官   特許取消   特許取消事由   異議申立   登録官   答弁宣誓供述書   補正   証拠宣誓供述書  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.