国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 出願実務 | 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 意匠 インドにおける意匠の表現に関する制度・運用

アジア / 出願実務 | 審判・訴訟実務 | 審決例・判例


インドにおける意匠の表現に関する制度・運用

2016年02月05日

  • アジア
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 意匠

このコンテンツを印刷する

■概要
「各国における意匠の表現に関する調査研究報告書」(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)第II部、第III部および第Ⅳ部では、インドにおける意匠の表現に関する制度について紹介されている。具体的には、インドの意匠制度概要、意匠の保護客体、意匠の開示方法、意匠の特定・認定・補正の考え方、意匠公報に掲載された意匠の表現例、判例等について、海外アンケートと海外ヒアリングの結果と共に紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 各国における意匠の表現に関する調査研究報告書(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)第II部、第III部、第Ⅳ部

 

(目次)

第II部 各国おける意匠の表現に関する制度・運用調査

 インド p.101

第III部 海外アンケート調査

 海外アンケート調査の目的と手法 p.193

 海外アンケート調査の結果(一覧表及び別添資料) p.195

第Ⅳ部 海外ヒアリング調査

 海外ヒアリング調査の目的と手法 p.213

 海外ヒアリング調査の結果 p.215

■ソース
各国における意匠の表現に関する調査研究報告書(平成25年2月、日本国際知的財産保護協会)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/c418893f8c897f6815e798147a25f045.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2015.10.19

■関連キーワード