- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける製造物責任法【その2】

2015年09月15日

  • アジア
  • その他参考情報
  • その他

印刷する

■概要
2009年2月20日に製造物責任法が施行されるまで、タイには製造物責任に関する法律が存在しなかった。消費者の権利と、メーカー側の潜在的責任は、民商法典と、刑法典の一般原則が排他的に適用されていた。製造物責任法の施行により、事業者にとっては、製造物責任を問われるリスクが上昇するとともに、損害賠償責任も厳しく問われることとなるため、製造物の安全についてはより一層の注意を払う必要がある。

本稿では、タイにおける製造物責任法について、Rouse & Co. International (Thailand) Ltd. パートナー弁護士 Fabrice Mattei氏が全2回のシリーズにて解説しており、本稿は【その2】続編である。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。 

■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Thailand) Ltd. パートナー弁護士 Fabrice Mattei
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.25
■関連キーワード
実務者向け   9900   TH:タイ   刑法典   製造物責任法   専門家   民商法典   TH-lm-9999   雇用   時効   不法行為   消費者保護   立証責任   損害賠償   契約  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.