国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


韓国における公正取引法

2014年09月09日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「韓国ライセンスマニュアル」(2011年3月、日本貿易振興機構)第3編第4章では、韓国における公正取引法に関する注意事項ついて紹介されている。具体的には、ロイヤルティと関連した契約事項で、韓国の公正取引法に照らして問題になり得る主要な点として、過度に高額なロイヤルティの賦課、ロイヤルティ率の差別的割引、特許権消滅後のロイヤルティ支給、契約製品以外の製品に対するロイヤルティの賦課等を挙げ、それぞれについて紹介している。
■詳細及び留意点

韓国ライセンスマニュアル(2011年3月、日本貿易振興機構)第3編第4章

 

(目次)

第3編 ライセンス戦略の構築と留意事項

 第4章 公正取引法に関する注意事項 p.150

  1.概要 p.150

  2.過度に高額なロイヤルティを課する場合 p.150

  3.ロイヤルティ差別行為 p.151

  4.忠誠割引(ロイヤルティディスカウント)―条件付きリベート支給 p.151

  5.特許権消滅後のロイヤルティ賦課行為 p.151

  6.特許製品以外の製品に対するロイヤルティ賦課 p.152

  7.独占規制および公正取引に関する法律 p.153

   7-1.概要 p.153

   7-2.不当な共同行為の禁止 p.155

   7-3.不当な国際契約の締結制限 p.156

  8.知的財産権の不当な行使に対する審査指針 p.158

   8-1.概要と適用範囲 p.158

   8-2.具体的な内容 p.158

  9.国際契約上の不公正取引行為などの類型及び基準の廃止 p.168

 

■ソース
・韓国ライセンスマニュアル(2011年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/02/60eae3ce16acff040b269b118de42b5e.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.12.27

■関連キーワード