国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審判・訴訟実務 | その他参考情報 その他 台湾におけるインターネット上の権利侵害

アジア / 審判・訴訟実務 | その他参考情報


台湾におけるインターネット上の権利侵害

2014年09月05日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「台湾模倣対策マニュアル」(2013年3月、交流協会)四、(六)では、台湾におけるインターネット上の権利侵害について説明されている。具体的には、権利侵害の態様、台湾当局による知的財産保護の取組み、侵害行為に対する民事請求権、侵害者の刑事責任及び行政責任等について説明されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)四、(六)

 

(目次)

四、台湾における知的財産問題

  (六) インターネット上の権利侵害 p.230

   1. よく見られるインターネット上の権利侵害行為 p.230

   2. 台湾当局による知的財産権保護の取組み p.230

    (1) 保護智慧財産権警察大隊の設立 p.230

    (2) 智慧財産法院(知財裁判所)の設立 p.232

   3. 権利侵害に対する救済 p.234

    (1) 権利者の民事請求権 p.234

    (2) 侵害者の刑事責任 p.237

    (3) 侵害者の行政責任 p.239

■ソース
・台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/04/0d1e0fd42d11387954fa441d14115e49.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.12.22

■関連キーワード