- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における農薬ラベル等の規制と模倣品抑止効果

2014年08月12日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

印刷する

■概要
「中国における製品表示関連規制の模倣品抑止効果に関する調査」(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知的財産部)では、中国における農薬ラベルの規制と模倣品抑止効果について紹介されている。具体的には、2008年1月に施行された「農薬ラベルと説明書管理弁法」による模倣品抑止効果の調査結果が今後の課題と共に紹介されている。
■詳細及び留意点

 中国における製品表示関連規制の模倣品抑止効果に関する調査(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知的財産部)

 

(目次)

第一章 背景 p.1

1.本調査の実施目的、実施手法 p.1

2.「農薬ラベルと説明書管理弁法」に対する分析と見解 p.1

 

第二章 調査概要 p.7

1.調査実施時期・調査対象地域・調査対象農薬の選定 p.7

2.調査条件の選定理由 p.8

 

第三章 調査結果 p.10

1.農薬全体の流通量や違法農薬の流通量に関する調査結果 p.10

(1)山東省寿光市農薬市場における調査結果 p.10

(2)湖北省荊州地区農薬市場における調査結果 p.22

(3)江西省贛州市農薬市場における調査結果 p.31

(4)湖南省懐化市農薬市場における調査結果 p.35

(5)四川省楽山地区農薬市場における調査結果 p.41

2.中国各地の市場における取り締まり結果 p.52

 

第四章 結果分析 p.53

1.湖南省の農薬市場における取り締まり結果の分析(中国農薬網より) p.53

2.不正商品の比較 p.54

(1) 模倣品 p.57

(2) 有効期限切れ品 p.62

(3) 旧ラベル品 p.67

3.法改正前の農薬ラベル表示に関する分析と見解 p.68

1)「模倣品表示巧妙化の傾向と分析に関する報告書」記載内容に対する分析 p.68

2)農薬WG各地方当局との市場調査・摘発実績 p.69

3)農薬市場におけるアンケート結果―地域間との比較 p.73

4)過去(法改正前)との比較 p.77

5)「本弁法」の効果に関する検証 p.78

6)調査結果から分析する今後の農薬販売店の姿とその傾向 p.79

7)その他のラベルや説明書、標識に関する管理弁法や規定 p.79

 

第五章 まとめと提言 p.81

1.法改正によるラベルへの規制効果 p.81

2.今後の課題 p.81

 

添付参考資料:

農薬ラベルと説明書管理弁法 p.83

■ソース
・中国における製品表示関連規制の模倣品抑止効果に関する調査(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知的財産部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/07/2ecba8f55d2b0615e68be6629dfad912.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期
2014.01.05
■関連キーワード
四川省   6000   8300   CN-dq-6000   CN:中国   中華人民共和国   実務者向け   中国農薬網   標識   説明書   アンケート   農薬販売店   摘発実績   旧ラベル品   有効期限切れ品   湖南省   江西省   湖北省   山東省   流通量   農薬ラベルと説明書管理弁法   農業部農薬検定所   CN-lm-8310   CN-dm-8310   模倣品   CN-lm-9999   CN-dm-9999   調査  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.