国別・地域別情報

アジア / その他参考情報


中国における模倣品対応事例

2014年04月15日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣品海外拡散防止マニュアル」(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第五章では、中国における模倣品対応事例について紹介されている。具体的には、実際にあった事例として、展示会の調査・取締事例、インターネットの調査・削除事例、税関での調査・差止事例、外国人バイヤーの摘発事例が、写真等を用いて紹介され、救済を受けるために必要な事前登録(工商登記、税関登録)等についても紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第五章

 

(目次)

第五章 対応事例紹介

1.展示会の調査・取締事例 p.130

・ 商標案件事例 p.130

・ 特許案件事例 p.133

2.インターネットの調査・削除事例 p.134

・ 商標案件事例 p.134

・ 問題商号削除の事例 p.135

3.税関での調査・差止事例 p.136

・ 商標案件事例 p.136

・ 特許案件事例 p.138

4.外国人バイヤーの摘発事例 p.139

・ 義烏での外国人バイヤー摘発事例 p.139

■ソース
・模倣品海外拡散防止マニュアル(2012年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/0f59282c30ca06c273050408c531192d.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.12.28

■関連キーワード