国別・地域別情報

アジア / その他参考情報


韓国における著作権制度

2014年02月21日

  • アジア
  • その他参考情報
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 韓国編」(2012年3月、日本貿易振興機構)第II編第6章では、韓国における著作権制度が紹介されている。具体的には、著作権法の概要、保護対象、著作者の権利、保護期間、著作隣接権、登録手続、著作権委託管理等について説明されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル 韓国編(2012年3月、日本貿易振興機構)第II編第6章

 

(目次)

第II編 韓国の知的財産制度と関連法

 第6章 著作権法 p.134

  1. 改正著作権法 p.134

  2. 保護対象 p.134

   2-1 著作物の意義 p.134

   2-2 著作物の保護範囲 p.134

   2-3 著作物の類型 p.134

  3. 著作者の権利 p.135

   3-1 著作人格権(著作権法第11条~第15条) p.135

   3-2 著作財産権(著作権法第16条~第21条) p.135

  4. 著作権の保護期間 p.136

   4-1 原則 p.136

   4-2 特例 p.137

   4-3 外国人著作物の保護期間 p.137

   4-4 著作権保護期間の延長(2013年7月1日施行) p.137

  5. 著作隣接権、出版権及び製作者の権利 p.138

   5-1 著作隣接権 p.138

   5-2 出版権 p.139

   5-3 製作者の権利 p.139

  6. 著作権の登録 p.140

   6-1 推定力 p.140

   6-2 対抗力 p.141

   6-3 保護期間の延長 p.141

   6-4 著作権登録の手続 p.141

  7. 著作権委託管理 p.141

  8. コンピュータプログラム著作権 p.142

  9. 問合せ先 p.143

■ソース
・模倣対策マニュアル 韓国編(2012年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/212108ecfee17c8eafe970da4853e2b7.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.12.20

■関連キーワード