国別・地域別情報

アジア / その他参考情報


中国特許データベースの種類と特徴

2014年02月10日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠

このコンテンツを印刷する

■概要
「中国特許情報の実態把握調査」(2011年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)「2. 中国特許DB」では、中国における特許データベースの種類とその特徴、収録状況等について紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 中国特許情報の実態把握調査(2011年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)「2. 中国特許DB」

 

(目次)

2. 中国特許DB p.2

 2.1 DBの種類とその関係 p.2

  2.1.1 国家知識産権局関連DBと収録状況 p.2

  2.1.2 各種商用DBと収録状況 p.4

   2.1.2.1 各DBのソースタイプ別特徴 p.4

   2.1.2.2 収録状況の比較 p.7

   2.1.2.3 英訳コンテンツの比較 p.8

  2.1.3 各種DBの活用場面 p.10

   2.1.3.1 CNIPRを用いるケース p.10

   2.1.3.2 その他DB p.13

 2.2 対応特許情報調査 p.14

 2.3 生死分け情報の信頼性、活用方法 p.15

 2.4 出願人表記ゆれ対応 p.15

■ソース
・中国特許情報の実態把握調査(2011年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/02/e6a516dc6624e1bb2940ec0348869e8f.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.12.03

■関連キーワード