国別・地域別情報

アジア / 法令等 | その他参考情報


中国における特許権侵害訴訟

2014年01月28日

  • アジア
  • 法令等
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠

このコンテンツを印刷する

■概要
「中国特許権侵害訴訟マニュアル 2012年改訂版」(2012年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)「I 基本事項」では、中国における特許権侵害訴訟に関する基本事項として、民事訴訟法等の関連法令、人民法院の組織・管轄等、人民陪審員制度、弁護士・特許代理人制度、中国特許関連のウェブサイト等が紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 中国特許権侵害訴訟マニュアル 2012年改訂版(2012年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)「I 基本事項」

 

(目次)

I  基本事項 p.7

1 中国の法制度の体系 p.7

    (1) 憲法、法律、行政法規、地方性法規等 p.7

    (2) 司法解釈 p.7

2 特許権侵害訴訟に係る法律体系 p.8

    (1) 民事訴訟法及び関連法令 p.8

    (2) 特許法及び関連法令 p.9

3 中国の人民法院、裁判官及び司法試験等 p.12

    (1) 人民法院の組織、管轄 p.12

    (2) 合議体、事件の振分け、審判委員会 p.13

      A 合議制 p.13

      B 事件の振分け p.13

      C 審判委員会 p.14

    (3) 司法試験 p.14

    (4) 人民陪審員制度 p.15

4 弁護士(律師)・特許代理人 p.17

    (1) 総説 p.17

    (2) 中国の弁護士(律師)制度の紹介 p.17

    (3) 特許代理人 p.19

    (4) 訴訟関連費用等 p.20

      A 事件受理費 p.20

      B 弁護士費用等その他の費用 p.21

5 人民法院の関連情報 p.21

    (1) 第一審特許民事紛争事件を受理する権限を有する中級人民法院 p.21

    (2) 各高級人民法院 p.25

6 中国特許関連ウェブサイト p.27

 

資料編 p.172

資料1 民事訴訟法(和訳) p.172

資料2 特許法(和訳)新旧対照表 p.215

資料3 特許法関連の主な司法解釈(和訳) p.234

■ソース
・中国特許権侵害訴訟マニュアル 2012年改訂版(2012年12月、日本貿易振興機構北京事務所知識産権部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/3ca77382d821df034c9f0873c28684b4.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.23

■関連キーワード