国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


中国税関における模倣品差押え事例

2014年01月10日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書」(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第二章では、中国税関における模倣品差押え事例を紹介し、税関手続で取得できる情報や取得した情報を踏まえた模倣品生産ルートの調査方法について説明している。調査手法としては、インターネット検索等の各種検索、電話等による通信調査、訪問調査、店内モニタリング、警告状や行政当局による圧力等が挙げられている。
■詳細及び留意点

模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第二章

 

(目次)

第二章 事例紹介 p.15

1.税関での差止事例 p.15

2.事例を踏まえた調査手段の検討 p.24

(1)模倣品ルート解明において推奨できる調査手法 p.24

(2)調査方法のパターン p.26

■ソース
・模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/01/81abc8d593ae504d67bb4a332fb75cef.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.13

■関連キーワード