国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア その他参考情報 特許・実用新案 | 意匠 | 商標 | その他 中国における模倣品輸出の現状と対応方法

アジア / その他参考情報


中国における模倣品輸出の現状と対応方法

2014年01月10日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書」(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第一章では、中国から海外への模倣品輸出状況、輸出を伴う模倣品の生産拠点解明、模倣品輸出に関する情報取得の手段について解説されている。また、外国での差押え時に得た情報から中国国内の模倣品生産拠点を特定し、摘発を成功させた事例が紹介されている。
■詳細及び留意点

模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)第一章

 

(目次)

第一章 模倣品輸出の現状と対応方法

1.模倣品の輸出状況 p.2

(1)中国発模倣品の国際流通規模 p.2

(2)中国の輸出量に占める模倣品の割合 p.3

(3)日系企業の問題意識 p.4

2.輸出を伴う模倣品の生産拠点解明の困難性 p.5

(1)生産拠点解明の必要性 p.5

(2)解明における課題 p.5

(3)輸出を伴う模倣品の生産拠点の解明 p.6

3.模倣品輸出に関する情報取得の手段 p.8

(1)税関からの情報入手 p.8

(2)諸外国での摘発等で入手した情報 p.10

(3)中国内での摘発等で入手した情報 p.10

(4)模倣品輸出の情報取得に関する課題 p.11

4.典型的な成功事例 p.13

(1)事例の概要 p.13

(2)詳細 p.13

(3)ポイント p.14

■ソース
・模倣品生産ルート解明手法確立調査報告書(2013年3月、日本貿易振興機構上海事務所知識産権部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/01/81abc8d593ae504d67bb4a332fb75cef.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.12

■関連キーワード