国別・地域別情報

アジア / 審決例・判例 | その他参考情報


中国における並行輸入の問題

2014年01月07日

  • アジア
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 中国編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第7章第3節 では、中国における並行輸入の問題について説明されている。中国では、専利法第69条で国際消尽を認めているため、専利製品の並行輸入は専利権侵害とはならない。一方、商標権及び著作権については、並行輸入に関する規定は設けられておらず、裁判所においては個別の実情に応じて判断されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)第7章第3節

 

(目次)

第7章 その他の主要トピック

第3節 並行輸入 p.242

 1. 並行輸入に関する概要と処理現状 p.242

 2. 専利製品の並行輸入 p.242

 3. 商標権に関する並行輸入 p.244

 4. 著作物の並行輸入 p.249

 

資料編

資料3. 主要法令集

     中華人民共和国専利法 p.274

     中華人民共和国商標法 p.288

     中華人民共和国著作権法 p.299

■ソース
・模倣対策マニュアル 中国編(2013年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/1b48f661f1dfa86022e02a8ee91555dd.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.12

■関連キーワード