国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア その他参考情報 商標 香港における商標公報の調べ方

アジア / その他参考情報


香港における商標公報の調べ方

2022年01月04日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
香港の商標公報は、香港知的財産局(Hong Kong Intellectual Property Department)の検索サイトに掲載されている。英語版のサイトも用意されており、検索も英語で行うことが可能である。
■詳細及び留意点

(1)香港知的財産局(Hong Kong Intellectual Property Department)の検索サイト(Online Search System)http://ipsearch.ipd.gov.hk/trademark/jsp/index.htmlにアクセスすると図1の画面が表示される。画面上部で使用言語(繁體中文or简体中文or ENGLISH)を変更できる。本記事では英文サイトの使用方法を説明する。

図1:Online Search Systemトップ画面

(2)図1の画面、赤い丸で囲っている「Search Trade Marks」をクリックすると図2の画面が表示され、画面下部「私はロボットではありません」の欄の□をクリックすると、図3の画面が表示される。なお、「私はロボットではありません」は、「私は人間です」と表示される場合もある。

図2:Notice of Usersの画面

図3:画像質問画面

(3)図3画面に表示されるような写真を選択する質問に答え、「確認」ボタンを押し、写真の画面が消えたら、図2の画面が表示されるので、画面下部「Accept」ボタンをクリックする。

図4a:Trade Mark Search画面

(4)図4aの示す「Trade Mark Search」のトップ画面では、画面上部赤い丸で囲ってある部分に「Quick Search(簡易検索)」、「Advanced Search(詳細検索)」、「Records Extract List」、「G&S Classification(商品およびサービス分類)」、「G&S Extract List」の切り替えタブがある。
(a)Quick Search(簡易検索)
 Quick Searchタブに表示される項目は以下のとおり。
「Search for Trademark」が初期設定である。
・Record Type(種別):「All(全件)」、「Application(出願中)」、「Registration(登録済)」の選択ができる。
・Trade Mark Number(商標番号)
・Search Method(検索方法):「Wildcard」、「Lettermark」の選択ができる。
・Mark Type(商標の種類):「All(全種別))が初期設定。「Ordinary(標準)」、「Certification(証明標章)」、「Collective(団体商標)」、「Defensive(防護商標)」が選択できる。
・Trade Mark Text(商標テキスト)(Example: ap*ple, ap?le)
・Nature of Mark(商標保護の種類):「All(全種別))が初期設定。「3-D Shape(立体)」、「Colour(色彩)」、「Other(他のタイプの商標)」、「Smell(匂い)」、「Sound(音)」が選択できる。
・Device Code (Example:1.1.2):ウィーン分類コードを入力、または虫眼鏡マークをクリックすると図4bの画面が表示され、単語を入力し、「Search」ボタンをクリックすると、検索結果が表示される。
・Mark Description(商標の詳細な説明):商標が3次元の形状、色、音、または匂いの場合、テキスト検索できる。
・Class Number(商標分類)(Example:3):商標分類番号をカンマ”,”で入力、または、虫眼鏡マークをクリックすると図4cの画面が表示され複数の番号を選択できる。図4d画面はCross Search Listの説明を表示した画面である。
・Specifications of Goods/Services(商品/サービスの仕様)
・Filing Date(出願日):DD-MM-YYYYで数字入力またはカレンダーから日付を選択できる。
・Registration Date(登録日):DD-MM-YYYYで数字入力またはカレンダーから日付を選択できる。
・Applicant/Owner(出願人/権利者)
・Agent’s Details(代理人情報)
・Address for Service(代理人住所)

図4b:Device Codeの検索画面

図4c:Class number Full List 画面

図4d:Cross Search List画面

図4e:Trade Mark Search(More search criteria)画面

「More search criteria(その他の検索条件)」(図4e参照)
・Disclaimer/Limitation/Condition/Others(免責事項/制限/条件/その他)
・Status(案件状況)
・Live/Dead Records(権利存続中案件)
・Expiry Date(次回更新期限日)
・Licensee(登録実施権者)
・Grantee of Security Interest(担保権の被付与者)
・Publication Date of Acceptance of Application for Registration(登録申請の受理の公開日)
・Actual Registration Date(実際の登録日)

 検索条件を設定し、「Search」ボタンをクリックすると、検索結果が表示される(図5)。該当する案件をクリックすると案件の詳細情報が表示される(図6a~図6d)。

図5:検索結果画面

図6a:案件の詳細情報

図6b:案件の詳細情報

図6c:案件の詳細情報

図6d:案件の詳細情報

 図6aの画面上部の赤い丸で囲って箇所をクリックすると、公報のPDFが、操作している機器(PC等)のダウンロードフォルダに自動保存される。

(b)Advanced Search(詳細検索)
 検索項目は、「Quick Search」と同一である。「Quick Search」は検索語の前方一致あるいは後方一致検索の際に使用するトランケーション記号(ワイルドカード)の可否のみだが、「Advanced Search」ではドロップダウンリストで以下の検索条件を設定できる。
・is(同じ):要求された文字と同じ単語を含む結果を検索する。例:’apple’
・contains(含む):テキスト文字列内の位置に関係なく、要求された文字を含む結果を検索する。例:’my apple pie’
・does not contain(含まない):要求されたテキスト文字列を含まない結果を検索する。
・starts with(始まる):要求された文字で始まる単語を含むレコードを検索する。例:’applepie’
・ends with(終わる):要求された文字で終わる単語を含むレコードを検索する。例:’pineapple’
・is between(~の間):指定された範囲に対応するレコードを検索する。
・exists(存在する):選択した基準を含むレコードを検索する。
・does not exist(存在しない):選択した基準を含まないレコードを検索する。
 検索条件を設定し、「Search」ボタンをクリックすると検索結果が表示される。

(c)「Extract List(抽出リスト)」
 検索結果に表示されている各案件のリストに図7のように確認したい案件の□にチェックを入れて、画面上部の★(星)マークをクリックすると「Records Extract List」に案件が反映される。

図7:検索結果画面

 図8のように「Records Extract List」タブを選択すると、図9の画面が表示される。

図8:Records Extract Listタブ

図9:Records Extract List詳細画面

(d)G&S Classification(Goods/Services Classification)
 HKSARG Intellectual Property Department(「HKSARG」は「The Government of the Hong Kong Special Administrative Region」(香港特別行政區政府)の略称)の分類、ニース分類の条件設定ができ、「Search」ボタンをクリックすると検索結果が表示される(図10)。

図10:G&S Classification検索画面

 検索結果に表示されている各案件のリストに図11のように確認したい案件の□にチェックを入れて、画面上部の★(星)マークをクリックすると「Records Extract List」に案件が反映される。

図11:G&S Extract List詳細画面

■ソース
香港知的財産局(Hong Kong Intellectual Property Department)
・香港知的財産局「IPD Online Search System」
http://ipsearch.ipd.gov.hk/index.html
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期

2021.10.18

■関連キーワード