- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インド特許庁の特許審査体制

2018年07月19日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
インド特許庁の特許審査体制について、特許制度の整備、組織および審査の3つの観点から解説する。現在、インドの特許制度が準拠している法律は、2005年に改正された特許法、および2016年に改正された特許規則であり、インド政府は強固な知的財産および特許制度の構築を目指してインフラ設備および人材への投資を続けている。
本稿では、KRISHNA & SAURASTRI ASSOCIATES LLP(インド知的財産法律事務所)のアソシエート弁護士 ANSHUL SUNIL SAURASTRI氏とコンサルタント弁理士UMA BHASKARAN氏が、インド特許庁の特許審査体制について解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
KRISHNA & SAURASTRI ASSOCIATES LLP(インド知的財産法律事務所)
ANSHUL SUNIL SAURASTRI
UMA BHASKARAN
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.02.06
■関連キーワード
IN-am-2001   実務者向け   IN-am-9700   審査体制   国際調査機関   国際予備審査機関   特許審査   IN:インド   審査管理官   IN-an-2001   IN-an-9700   インド特許庁  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.