国別・地域別情報

中東 / アーカイブ


既に内容を更新した記事があるものの、過去の情報として参照できる記事を掲載しています。


特許・実用新案

特許・実用新案

2019.12.05
トルコにおける特許を受けることができる発明とできない発明

(本記事は、2020/8/27に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/laws/19435/ トルコにおける特許および特許の保護については、産業財産法第6769号で規定されている。産業財産法は、特許性の要件および特許を受けることができない発明に関する明確な規定を有する。

2016.06.08
トルコにおける特許公報の調べ方

(本記事は、2019/1/24に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/16453/ トルコにおける特許に関する調査は、トルコ特許庁(Turkish Patent Institute:TPI)のウェブサイト(http://www.tpe.gov.tr/TurkPatentEnstitusu/?lang=en)が無償で提供しているデータベースを利用して実施することが可能である。データベースには英語版の表示があるが、キーワード検索で使用可能なワードはトルコ語のみである点には注意が必要である。

2016.05.11
トルコにおける特許を受けることができる発明とできない発明

(本記事は、2019/12/5、2020/8/27に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/application/17973/(2019/12/5)     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/laws/19435/(2020/8/27)                              トルコ特許法第6条には、トルコにおいて特許を受けることができない発明が列記されている。コンピュータソフトウェア、治療および診断の方法およびビジネス管理手法に関連した発明の特許適格に関わる問題には、特に注意が必要である。

一覧を見る 意匠

意匠

準備中
商標

商標

2016.05.13
トルコにおける指定商品または役務に関わる留意事項

(本記事は、2019/10/31に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/application/17844/ トルコは、ニース協定に基づく「商品およびサービスの国際分類」の最新版(ニース分類第10版)を採用しているが、商品および役務の審査は、該当するトルコ独自の副分類に基づいて行われている。審査においては、先願と同じ分類内の同一副分類に分類される商品または役務を指定した後願は拒絶される。また、具体的でない指定商品および指定役務は認められない。

2016.05.10
トルコにおける商標の使用と使用証拠

(本記事は、2019/10/31に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/17846/ トルコでは、商標の使用に関しては、商標の保護に関する法律第556号(以下、商標法)第14条において、登録後5年以内に正当な理由なく商標が使用に供されない場合、またはその使用が継続して5年間中止した場合、商標は失効すると規定されている。また、同条において、商標の使用が定義されている。

2016.05.01
トルコにおける商号の保護

(本記事は、2019/11/28に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/17949/ トルコでは、商号は主に商法によって保護されている。商法では、登記された商号の所有者を広範に保護しており、他人による不公正な使用に対して権利行使が可能である。商法は、未登記の商号についても保護しているが、保護範囲は狭くなる。商号に関して商標法上の保護を求める場合は、原則として商号を商標登録する必要があるが、商標登録されていない商号であっても、一定の場合は商標法により保護される。

一覧を見る その他

その他

準備中