国別・地域別情報

アジア / その他参考情報


特許情報の調べ方など上記項目に含まれないその他参考情報を掲載しています。


意匠

意匠

2012.08.21
(中国)専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―専利検索服務(CPRS)ウェブサイト

(本記事は、2017/8/24、2018/11/20に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/14008/(2017/8/24)     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/16160/(2018/11/20) 中国の専利(特許/実用新案/意匠)情報を取得するのに有用な検索サービスとして、中国専利信息中心が提供するウェブサイト(CPRS)がある。誰でも無料でアクセス可能である。

2012.08.21
(台湾)判例の調べ方―台湾司法院ウェブサイト

(本記事は、2017/8/24、2020/11/26に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/14010/(2017/8/24)     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/19586/(2020/11/26) 台湾司法院のウェブサイトで下記の裁判所が有する知的財産事件の判例を検索することができます: (1)地方裁判所(中国語「地方法院」)、 (2)知的財産裁判所(中国語「智慧財産法院」)、 (3)最高裁判所/最高行政裁判所(中国語「最高法院/最高行政法院」)。 これらのサイトは、誰でも無料でアクセス可能です。

2012.08.09
中国の専利(特許/実用新案/意匠)不服審判審決及び無効審判審決の調べ方

(本記事は、2017/9/5、2020/6/25に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/14015/(2017/9/5)     https://www.globalipdb.inpit.go.jp/application/19270/(2020/6/25) 中国の専利(特許/実用新案/意匠)の不服審判審決及び無効審判審決を調べるのに有用な検索サービスとして、中国特許庁審判部(中国語「専利復審委員会」)が提供するウェブサイトがある。誰でも無料でアクセス可能である。

2012.08.09
(中国)専利(特許/実用新案/意匠)公報の調べ方―CNIPRウェブサイト

(本記事は、2017/9/5に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/14017/ 中国の専利(特許/実用新案/意匠)情報を取得するのに有用な検索サービスとして、中国特許庁から認可を受けた特許情報サービス機関である中国国家知識産権出版社(IPPH)が提供するウェブサイトのCNIPRがある。誰でも無料でアクセス可能である(有料のサービスもある)。

2012.08.09
韓国の判例の調べ方

(本記事は、2017/7/6に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/precedent/13872/ 韓国の判例を最も便利に検索できるウェブサイトは、総合法律情報 (http://glaw.scourt.go.kr/)です。地方法院、高等法院、特許法院、大法院等の判例を調べられ、誰でも無料でアクセス可能です。ただし、検索は韓国語による検索のみ可能です。

2012.07.31
韓国特許審判院での特許/実用新案/商標/意匠の審決の調べ方

(本記事は、2017/9/7に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/judgment/14019/ 韓国の特許等(特許/実用新案/商標/意匠)の審決の調べ方として、特許技術情報センター(KIPRIS)が提供するウェブサイトがある。誰でも無料でアクセス可能である。なお、検索は韓国語でのみ可能である。

2012.07.31
(韓国)特許/実用新案/商標/意匠の公報の調べ方の概要―韓国特許技術情報センター(KIPRIS)

(本記事は、2017/9/7に更新しています。)  URL:https://www.globalipdb.inpit.go.jp/etc/14021/ 韓国の特許等(特許/実用新案/商標/意匠)公報を調べられるサイトとして、特許技術情報センター(KIPRIS)が提供するウェブサイトがある。誰でも無料でアクセス可能である。

2012.07.30
(中国)判例の調べ方―北京法院ウェブサイト

中国の(知的財産事件を含む)判例検索に有用なウェブサイトとして、北京法院のウェブサイトがあります。誰でも無料でアクセス可能です。