- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ロシアにおける特許および実用新案の特許事由と不特許事由

2015年11月10日

  • 欧州
  • 出願実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
ロシアにおいて特許を受けるには、新規性、進歩性および産業上の利用可能性を有さなければならず、また実用新案を受けるには、新規性および産業上の利用可能性を有さなければならない。新規性の判断に際しては、特許は絶対的新規性、実用新案は相対的新規性が基準となる。

本稿では、ロシアにおける特許および実用新案の特許事由と不特許事由について、Rouse & Co. International (Russia) Ltd.のロシアオフィス代表 弁護士Stuart Adams氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

 

■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Russia) Ltd. ロシアオフィス代表 弁護士Stuart Adams
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.01.29
■関連キーワード
専門家   2410   2420   2400   ロシア連邦   RU:ロシア   相対的新規性   絶対的新規性   RU-bm-2411   RU-bm-2400   RU-am-2411   RU-am-2400   実務者向け   特許事由   産業上の利用可能性   新規性喪失の例外   不特許事由   RU-bm-2420   RU-am-2420   新規性   進歩性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.