- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における化学特許の取得と実験データ

2015年05月15日

  • アジア
  • 出願実務
  • 審決例・判例
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
中国における化学分野の特許取得に際しては、その多くの場合において、保護を求める化合物や化合物調製に関して、実験データを開示する必要がある。これは、明細書の完全開示やクレームのサポート要件、進歩性の判断などさまざまな観点から要求されるものであり、どのような実験データを明細書に記載するかは化学分野の特許取得に際して重要な意味を有する。

本稿では、中国における化学分野の特許取得に際する実験データの重要性について、中原信達知識産権代理有限責任公司 パートナー・弁理士 杨青(Qing Yang)氏が、完全開示、サポート要件、進歩性およびこれらの相互関係の分析について解説している。
■詳細及び留意点

 記事本文はこちらをご覧ください

■本文書の作成者
中原信達知識産権代理有限責任公司 パートナー・弁理士 杨青(Qing Yang)
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2014.12.23
■関連キーワード
2300   2400   8300   CN-am-2300   CN-am-2400   CN-am-8320   CN:中国   サポート要件   中華人民共和国   実務者向け   実験データ   専門家   復審委員会   最高人民法院   無効事件   進歩性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.