- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ロシアにおける特許、実用新案および意匠特許の審査手続にかかる法改正

2015年05月15日

  • 欧州
  • 出願実務
  • 制度動向
  • 特許・実用新案
  • 意匠

印刷する

■概要
2014年10月1日、ロシア民法第4法典第7編の改正が発効した(一部の改正は2015年1月1日発効)。なかでも、特許・実用新案・意匠出願の手続に関して、特許出願および意匠出願の補正の制限、拒絶理由通知に対する応答期限の明確化、特許出願における進歩性主張の制限、出願種別の変更、実用新案の保護期間の短縮、実用新案出願における実体審査の導入、意匠特許の保護期間の変更、意匠の保護範囲の判断基準の変更、出願人の住所・名称変更の届出の義務化など多くの重要な改正が行われた。

本稿では、ロシアにおける特許、実用新案および意匠特許の審査手続にかかる法改正について、Papula-Nevinpat 特許弁護士 Erik Goussev氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Papula-Nevinpat 特許弁護士 Erik Goussev
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.01.20
■関連キーワード
2001   2300   2400   2410   2420   2800   2a00   3200   4300   9900   PCT出願   RU-am-2400   RU-am-2510   RU-am-2700   RU-am-2800   RU-am-2a00   RU-am-4330   RU-am-9999   RU-bm-2310   RU-bm-2a00   RU-bm-3200   RU-bm-4330   RU-bm-9999   RU-cm-2411   RU-cm-2700   RU-cm-2800   RU-cm-2a00   RU-cm-4300   RU-cm-4330   RU-cm-9999   RU:ロシア   クレーム補正   ロシア連邦   侵害   保護期間   出願種別   存続期間延長   実体審査   実務者向け   審判請求   専門家   応答期限   拒絶理由通知   損害賠償   改正   新規性喪失の猶予   本質的特徴   無効理由   自発補正   補償金   補充特許   進歩性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.