- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおけるライフサイエンス関連発明の保護と権利行使【その2】

2015年08月04日

  • アジア
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
タイにおけるライフサイエンス関連発明は、特許、小特許または植物品種保護に基づき保護される。ただし、ライフサイエンス分野に特に関係がある複数のカテゴリーの製品と製法については、特許権付与を禁じられている。また、小特許は主に医療機器等に使用される既存の製品または製法の「マイナーな」改良および改変を行う中小企業に、とりわけ適している。なお、営業秘密としてライフサイエンス関連発明を保護することも考えられる。権利行使に際しては、通常の特許権侵害訴訟等と同様に進めることができる。

本稿では、タイにおけるライフサイエンス関連発明の保護と権利行使について、Rouse & Co. International (Thailand) Ltd.  弁護士 Fabrice Mattei氏が全2回のシリーズにて解説しており、本稿は【その2】続編である。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Thailand) Ltd.  弁護士 Fabrice Mattei
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.25
■関連キーワード
2450   4300   TH-am-2450   TH-am-4300   TH-am-9999   TH-bm-2450   TH-bm-4300   TH-bm-9999   TH-lm-2450   TH-lm-4300   TH-lm-9999   TH:タイ   アントン・ピラー命令   バイオテクノロジー   ライフサイエンス   一般的国内植物品種   中央知的財産および国際取引裁判所   仮差止命令   公序良俗違反   営業秘密   地域国内植物品種   実務者向け   実用新案   専門家   小特許   損害賠償   救済   新植物品種   新規性欠如   方法特許   植物品種保護   権利行使   特許権侵害   立証責任   製品特許   証拠収集   進歩性欠如   野生植物品種  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.