- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける実用新案(小特許)制度

2015年03月31日

  • アジア
  • 出願実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
タイでは、1999年に発効した特許法改正により、実用新案(小特許)制度が導入された。実用新案は、新規で産業上の利用可能性がある発明に対して付与されるもので、進歩性は要求されない。登録にあたって実体審査は行われず、予備審査により権利の有効性に問題が見つからなければ登録される。ただし、公告後、利害関係者は実用新案の有効性に関する審査を請求することができる。実用新案の保護期間は出願日から6年間で、最大4年間(2年間を2回)更新が可能である。
■詳細及び留意点

【詳細】

 タイ特許法(B.E. 2522)(1979)(特許法(B.E 2535)により改正)は、長年の検討の結果、TRIPS協定に準拠するため改正された。最終的に改正案が議会で採択され、1999年3月31日に公報にて公布され、1999年9月27日に発効した。本改正案における最大の変更の一つは、「実用新案の導入は、国内の技術研究開発のレベルを高めるための意識的な試みである。」とした実用新案制度の導入である。

 

(1)なぜ実用新案なのか?

 特許法は3種類の特許を定めている。すなわち発明特許、意匠特許、および「小特許」として知られる実用新案である。

 

 実用新案導入の目的は、特許と意匠による保護のギャップを埋めることである。実際、多くの技術的創作は、既存の技術に対する小さな追加であり、特許に必要とされるような高い進歩性はないことが多い。

 

 3種類の特許のうち、実用新案はタイの特許制度で重要な役割を果たす可能性が高い。その大きな理由の一つは、実用新案は実体審査を経る必要がなく、進歩性の基準が特許よりも低いことである。しかし、実体審査の欠如により、同一発明に複数の特許が付与され、知的財産権者間で争いを生じさせる可能性がある。

 

(2)登録要件

 実用新案として登録可能な発明は、新規で産業上の利用可能性がある発明である。

 

・新規性

 新規な発明とは、タイ内外で「存在することが既に示されていない発明」をいう。強力な実用新案を獲得するには、権利付与後に新規性をめぐり有効性が争われることになったときでも権利を維持できるように、出願前の新規性調査を行っておくことが望ましい。

 

・産業上の利用可能性

 1979年特許法(1999年特許法により改正)は、「産業上の利用可能性がある発明」とは、手芸、農業、商業を含む工業生産に使用できる発明と定義している。

 

・進歩性

 特許における発明と異なり、実用新案の保護を受けるのに顕著な実体的特徴や既存技術の目立った進歩を立証する必要はない。

 

(3)実用新案の出願

 技術的創作がなされたとき、自動的に実用新案の保護が生じるわけではなく、発明者は、タイ知的財産局(Department of Intellectual Property: DIP)に実用新案登録を出願しなければならない。出願書類は、以下のような文書を含めなければならない。

 

・実用新案の名称

・実用新案の特徴

・実用新案の目的

・省令に定められたその他の特徴

 

(4)審査手続

 改正特許法に基づき、実用新案出願は実体審査を受けない。実用新案は、予備審査後に拒絶理由が見つからなければ登録される。

 なお、公告後1年以内に、特許権者または利害関係を有する第三者は実用新案の有効性に関する審査を請求することができ、権利の有効性について審査される(タイ特許法第65条6)。実用新案での権利行使をするに際しては、日本の様に実用新案技術評価書の取得等は必須ではない。

 

・予備審査

 実用新案は、方式要件のチェックと、技術的創作が不適格事由(天然のバイオ技術発明、科学的法則、数学的理論、コンピュータプログラムなど)に該当しないかどうかをチェックする予備審査を経て付与される。権利の有効性に関する審査は行われず、このため実用新案の登録に要する時間は発明特許よりもはるかに短い。実用新案の登録は、出願人のリスク負担で登録される。したがって、実用新案の権利の有効性は、異議「反対審査(cross-examination)」によってチェックされる(タイ特許法第65条6)。

 

・反対審査

 実用新案の反対審査は、特許公報にて公告後に行うことができる。したがって、利害関係者が公告日後1年以内に審査請求を行った場合にのみ、適格な当局者が審査を行う。この反対審査を請求できるのは、当該実用新案が上記の権利の有効性を満たしていないという事由のみである。反対審査手続きは、知的財産および国際取引中央裁判所(Central Intellectual Property and International Trade Court : CIPITC)が最終となる。したがって、知的財産局の局長が下した実用新案の有効性に関する決定は、裁判所で争うことになる。

 

(5)第三者による無効請求

 実用新案の主題たる発明に既に権利が付与されている場合、誰でも無効請求を裁判所に請求することができる。

 

(6)保護期間

 実用新案の保護期間は出願日から6年間で、最大4年間(2年間を2回)更新が可能である。

■ソース
・タイ特許法
■本文書の作成者
Rouse & Co. International (Thailand) Ltd. パートナー弁護士 Fabrice Mattei
■協力
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2015.02.25
■関連キーワード
2001   2200   2400   3300   3400   TH-bm-2001   TH-bm-2200   TH-bm-2400   TH-bm-3300   TH-bm-3400   TH:タイ   予備審査   保護期間   反対審査   実体審査   実務者向け   実用新案   小特許   新規性   無効請求   産業上の利用可能性   登録要件   進歩性  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.