国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 出願実務 | その他参考情報 特許・実用新案 台湾における特許管理実務と中国の実務との比較

アジア / 出願実務 | その他参考情報


台湾における特許管理実務と中国の実務との比較

2015年03月04日

  • アジア
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

このコンテンツを印刷する

■概要
「台湾における先使用権と公証制度 中国出願との差異を事例としての台湾出願のポイント」(2014年3月、公益財団法人交流協会)B.第五章では、台湾における特許管理実務の比較について、大陸と台湾両岸における出願ルート、書面出願と電子出願ならびに外国語出願と中国語出願に係る出願時の実務の相違点、および中間処理実務の相違点が説明されている。
■詳細及び留意点

台湾における先使用権と公証制度 中国出願との差異を事例としての台湾出願のポイント(2014年3月、公益財団法人交流協会)B.第五章

 

(目次)

B. 中国出願との差異を事例としての台湾出願のポイント

第五章 特許管理実務の比較 P.223

第一節 出願管理実務の相違点 P.223

1 PTC(特許協力条約)ルートとパリ条約ルート P.223

2 書面(紙)による出願と電子出願 P.224

3 外国語書面出願と中国語書面出願 P.225

第二節 中間処理実務の相違点 P.225

■ソース
台湾における先使用権と公証制度 中国出願との差異を事例としての台湾出願のポイント(2014年3月、公益財団法人交流協会)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2015/02/ee8395f11ec08fe79197b45ebc45638b.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.11.25

■関連キーワード