国別・地域別情報

アジア / 出願実務 | 審決例・判例 | その他参考情報


香港における特許制度の概要

2014年10月01日

  • アジア
  • 出願実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル 香港編」(2014年3月、日本貿易振興機構) 第2章 第2節では、香港における特許出願・登録件数の統計、登録要件、標準特許・短期特許制度の相違、手数料、翻訳に関する情報等の説明がされている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル 香港編(2014年3月、日本貿易振興機構)第2章 第2節

(目次)

第2章  権利取得手続

 第2節 特許権の取得 P.24

  序 P.24

  1 統計:特許出願・登録 P.25

  2 特許協力条約 P.28

  3 パリ条約 P.28

  4 所有権 P.28

  5 登録要件 P.29

  6 登録制限 P.29

  7 標準特許出願手続の流れ P.31

   7.1 出願の維持 P.34

  8 短期特許の出願手続 P.35

  9 出願の補正 P.37

  10 指定特許に対する特許付与後措置 P.38

  11 権利付与後の変更 P.38

  12 翻訳の問題 P.39

  13 香港におけるPCTの実施状況-中国経由による香港出願 P.40

  14 審判制度 P.41

  15 取消 P.41

  16 特許登録確保に関する著名判例 P.42

 

■ソース
模倣対策マニュアル 香港編(2014年3月、日本貿易振興機構)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/09/4a5a4a20ac887173017494702c80a644.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.08.21

■関連キーワード