- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

メキシコにおける意匠の機能性および視認性

2020年12月24日

  • 中南米
  • 出願実務
  • 意匠

印刷する

■概要
メキシコ産業財産法によれば、意匠とは、物品の装飾的または美的側面のみを構成し、物品自体の形状など三次元の特徴、または模様、線、色彩など二次元の特徴で構成される。ただし、技術的考慮または技術機能作用からのみ要求され、創作者の裁量的寄与を具現していない要素もしくは特性には、意匠に付与される保護は及ばない。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
AROCHI & LINDNER アソシエイト 弁護士 ARTURO CARMONA
■協力
Olarte Moure Director and Head of Tokyo Office Carlos A. Parra
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2020.1.17
■関連キーワード
意匠   出願   登録   存続期間   実体審査   保護   方式審査   実務者向け   MX-cm-2300   MX:メキシコ   MX-cm-2430   MX-cm-2450  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.