- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

フィリピンにおける優先権主張の手続

2020年11月05日

  • アジア
  • 出願実務
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標

印刷する

■概要
フィリピンにおいて条約に基づいて優先権を主張して特許等を出願する場合、出願時の願書にその旨を明示しなければならない。また、特許(Patent)・実用新案(Utility model)、意匠(Design)の出願については、出願日から6か月以内に第1国官庁による認証付きの最初の出願の写し(以下「優先権証明書」という。)およびその英訳を提出しなければならない。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
ナガトアンドパートナーズ 弁理士・パートナー 岡田 貴子
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2019.12.27
■関連キーワード
PH-cm-2001   PH-dn-2001   PH-cn-2001   PH-an-2001   PH:フィリピン   国際登録   PH-bn-2001   PH-bm-2001   PH-am-2001   PH-dm-2001   入門者向け   マドリッド協定議定書   パリ条約   優先権   商標   実用新案   特許   意匠  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.