- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドにおける画像意匠の保護制度

2020年10月13日

  • アジア
  • 出願実務
  • 意匠

印刷する

■概要
GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)や画像意匠に関して特許意匠商標総局(CGPDTM)に係属中の出願の取扱いは、現在のところ不明確である。2000年インド意匠法第2条(a)における「物品」と同法第2条(d)における「意匠」の定義に関してインドの司法による決定的な解釈がなく、画像表示やグラフィカルユーザーインターフェースの意匠登録に関するCGPDTMの決定は、案件ごとに異なることが予想される。2019年インド意匠規則改正案による対応が注目される。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
ANAND & ANAND 
 パートナー 弁護士   ドゥルヴ・アナンド
 アソシエイト 弁護士  ウディタ・パトロ
 アソシエイト 弁護士  ディーパン・シンハル

株式会社サンガムIP
 代表取締役 弁理士   バパット・ヴィニット
■協力
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2020.2.21
■関連キーワード
意匠   画像意匠   IN-cm-2001   実務者向け   GUI   グラフィカルユーザーインターフェース   IN:インド  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.