- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - https://www.globalipdb.inpit.go.jp -

メキシコにおける商標異議申立制度の導入

2016年06月29日

  • 中南米
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • 商標

印刷する

■概要
メキシコは、商標の異議申立制度を導入するため産業財産法(商標法を含む)の改正について検討を行っているが、まだ商標に関する異議申立制度を有していない。現状の産業財産法では、商標出願の絶対的拒絶理由および相対的拒絶理由に関して、利害関係を有する第三者からの異議申立の機会は与えられず、職権で審査が行われている。

本稿では、メキシコにおける商標異議申立制度について、OLIVARES LAW FIRMの弁護士Sofia Arroyo氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
OLIVARES LAW FIRM 弁護士 Sofia Arroyo
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.02.25
■関連キーワード
絶対的拒絶理由   共存契約   職権審査制度   MX-dm-3400   産業財産局   産業財産法   MX:メキシコ   マドリッドプロトコル   相対的拒絶理由   実務者向け   同意書   取消請求   職権   異議申立   国際出願  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.