ホーム サイト内検索

■ 全2件中、12件目を表示しています。

  • 2017.04.12

    • 中南米
    • 統計
    • 審判・訴訟実務
    • 特許・実用新案
    • 意匠
    • 商標
    • その他

    ブラジルにおける知的財産訴訟件数

    国際条約および多国間協定による強い影響を受けて、ブラジルは最も重要性の高い全ての分野(即ち、著作権、商標、特許、工業意匠、営業秘密およびソフトウェア)において知的財産保護を提供する法的枠組みを構築した。ブラジルにおけるIP訴訟の現状を俯瞰できるデータを以下にまとめる。

  • 2014.07.01

    • 中南米
    • 審判・訴訟実務
    • その他参考情報
    • その他

    ブラジル司法最高裁判所(STJ)による著作権侵害行為の違法性の判断について(判例紹介)

    CDやDVDの海賊版を販売している露店等はブラジル全国に存在している。ブラジルでは、著作権侵害については刑事罰が規定されているが、これまで、露店を開いている者が個人の場合、明らかに侵害行為を行っているにもかかわらず、「社会適合の原則」という考え方によりその行為の違法性が否定される判決が出ることがあったが、2012年9月、最高裁判所(STJ)はそのような著作権侵害行為の違法性を認める判決を出した。